So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ

~無惨~ 2010年11月、群馬県でおこった出来事。 [その他]

ある人の所へ、希少種であるオオタカの爪が8本の内、なんと7本が無残にも鋭利な
刃物で切断され、かなり衰弱した状態で運びこまれた。
経緯は、ある鶏舎にオオタカが餌を求めて飛び込んだのだが、憎さのあまり殺そうと
も考えたがその前に爪を切ったという・・・。
それを受けた知人は、すぐにでも野鳥病院に持ち込もうと考えたが、病院の餌は
ニワトリの頭を叩いたものを与えるだけ、しかも夜間は無人。知人は万がいちの罰をも
覚悟して、ある程度回復の見込みが得られたら野鳥病院に戻そうと考えて保護に専念した。
最初は大きな室内用の犬用のケージにいれておき、その間に手製パイプのサツキ
園芸の小屋を大改造してリハビリに努めた。
餌は愛知県から取り寄せた栄養価の高いウズラの冷凍物を毎日解凍して与え、オオタカは
美味そうによく食べていた。とにかく、切られた爪が7本のうち、全部ではなくても
一部でも伸びることを願って必死の思いで救護した。
しかし、11月17日から今まで順調だったオオタカが、12月下旬になって急に餌を食べなくなり
ついには全身に震えがきて、保温対策も施したが大晦日の31日、私に抱かれたまま甲斐無く
死をむかえることになった。

そもそも、狩が得意な勇壮なオオタカにとって、爪という武器を無くしたことをどれほど嘆き
悲しんだことでしょう。
結局、其のことによりも測り知れないほど精神的負担に耐えられないストレスで亡くなったのろう。
オオタカはそれほどストレスに敏感な鳥であるということは野鳥病院の飼育経験から学んだ。

ただ、生きる為の行為であっても、自然界もさることながら恐ろしい人間による人為
的な災難にも黙って耐え抜かなければならない状況下にあるオオタカが不憫でならない。

おりしも世間ではオオタカを普通種とし、護りから目を背けようとしている。

狩猟読本 ~京都府から~ [その他]

京都府では、年度初めには府下50余名の鳥獣保護員に対し、
「狩猟読本=大日本猟友会発行」が配布されます。
既に本を手にした会員から疑問の声が届いています。

ヤマシギ、クロガモ等は京都府においては絶滅危惧種です。
ニュ-ナイスズメやミヤマガラス,ヤマドリだって非常に少ない。
狩猟対象鳥獣は、全国の各自治体で決定することができます。
ページを開くと当たり前の様に狩猟鳥の中にヤマシギ(京都府はH15年
から捕獲禁止)や、「絶滅危惧種」に指定されたクロガモが掲載されている。

せめてこの本を配布する際に、狩猟対象種については、自治体ごとに種が
異なる旨の但し書きを添えていただくなどの配慮がいただきたいものです。
本は一人歩きをします。この本を手にされた方は何の疑いもなくヤマシギ、
クロガモを狩猟対象種と認識されるでしょう。

高知から クマタカ保護される [その他]

CCF20130105_00000.2.jpg

画像をクリックすると拡大して見られます

実施中のアンケートについて [その他]

  現在密対連では全国の自治体や団体を対象に野鳥のリハビリに関するアンケーをお願いしています。所が密対連の考えをアンケートの中に旨く伝えることが出来ず、ここ数日は問い合わせが殺到し、大変ご迷惑をおかけしています。誠に申し訳ございません。
 簡単に申し上げますと、このアンケートの中で密対連が知りたかったことは、野鳥の違法捕獲、違法飼養、違法販売等が発覚した場合、自治体ではそれらを野鳥犯罪として取り扱って頂いているかどうかということです。現場指導というかたちでその場で放鳥される自治体がまだまだ多いようですが・・。次に、野鳥の種の識別鑑定が行われた後(鑑定書の作成)警察、もしくは行政ではそれらの野鳥に対してリハビリを施し、その後に放鳥(自然復帰)させているかどうかということです。

 その他、傷病施設があればその状況等について教えて頂ければ幸いです。書ける範囲内で結構ですのでご回答の程宜しくお願い致します。
ps:ヒナの状態で密猟され、小さなカゴの中ですり餌ばかりで飼養されてきた野鳥は、いきなり自然の中に放たれても急激な環境の変化や採餌の問題があり、死に至る可能性が大です。それらのことを考慮し、リハビリを施した後に放鳥する自治体が増えつつあります。


nice!(0)  コメント(0) 

アンケートにご協力下さい [その他]

密対連では今年も独立法人環境再生保全機構から助成金を受けて活動を進めています。その一環として、関係機関が違法捕獲や違法飼養、鳴き合わせ会等から押収した個体のリハビリの現状と課題をとりまとめ、野鳥にとってどのような方法がベストなのかについての検討を進め、今後に資する資料作成を考えています。大変お手数ですが日頃から野鳥のリハビりに関わっておられる皆様方、当ホームページのインフォメーションのコーナーに掲載の「アンケート」にご回答をお寄せくださいますよう宜しくお願い致します。


上海の鳥市場情報 [その他]

遠藤公男さんから、中国上海市の鳥市場の情報が届いています。

 


国会図書館から [その他]

 国会図書館から、事務局としては嬉しい連絡が届きました。
当会が編集、発行した「密猟対策マニュアル」と「第13回密猟問題シンポジウムin茨城」報告書が、国会図書館発行の日本全国図書誌に掲載され、同時に全国に広報されることになりました。約1ヶ月程度なら図書館のホームページでも見られるようです。
http://www.ndl.go.jp/jp/publication/jnbwl/jnb_top.html

日本全国書誌 図書の部 民間出版物 
【6】産業 農林水産業、商業、運輸、通信

◆第13回密猟問題シンポジウムin茨城:2005(平成17年):報告書ー
京都:密対連事務局
2006,4,-115p;30cm NDC(9):659.7 鳥ー保護 JP:21060790(日本全国書誌番号)

◆密猟対策マニュアル,2006 
京都:全国野鳥密猟対策連絡会事務局, 
2006,3-53p;30cm NDC(9):659,7 鳥ー保護 JP:21062593


その他 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。