So-net無料ブログ作成
検索選択

愛知県から [密猟・違法飼養]

野生のメジロなどを違法に飼育していたとして、愛知県警は14日にも蒲郡市
ペットショップ経営者(74)と常連客(70)の男性2人を鳥獣保護法違反(違
法飼養)の疑いで書類送検する方針を固めた。
常連客は密猟する際、小鳥屋から囮のメジロを借りていたという。
経営者は今年3月、自宅店舗でヤマガラ12羽、メジロ23羽、ホオジロ14羽等
13種、計90羽を飼養していたという。
”店に迷い込んできた鳥を捕った”と嘘ぶいているとのこと。
なお、自宅からはカスミ網やとりもちが見つかっており、常習犯との見方で
捜査を進めている。
同じく常連客も、自宅に密猟したヤマガラやメジロを飼育しており、2人は30年
来の付き合いだったという。

ことの発端は、2月下旬、愛知県警の岡崎署員がパトロール中に岡崎市
丸山町の雑木林でトリモチ、籠に入ったヤマガラを発見、張り込んでいたと
ころに常連客が姿を現したという。

警察庁によると、鳥獣の密猟事件は年間300~600件有り、2000羽以上の
野鳥が押収されているという。
密猟が減らない背景には愛好家が集まって開催する「鳴き合わせ会」があり、
対象となるメジロの密猟が今もなお一番多い。

全国の野鳥の会や全国野鳥密猟対策連絡会(京都市)では、情報を提供
するなどの協力をしているが、警察でもパトロールの強化に努めている。
(参考:2014年7月14日付け 朝日新聞)

(記事をクリックすると拡大します)

asahi.jpg

asahi2.jpg

chunichi.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。