So-net無料ブログ作成
検索選択

~JBR 救護の現場から~ [密猟・違法飼養]


大阪では、いつもどこかで事案が発覚、担当の方々が奮闘されている。

春にはウグイス、ホオジロ、オオルリ等10種、計35羽を密猟し、違法飼養
していた被疑者から全ての野鳥が押収され、リハビリの後放鳥されたという。

又、大量の違法飼養の摘発が2ヶ所で行われ、小規模の違法飼養が2ヶ所、
合計60羽ほどの野鳥を保護、リハビリをしたのだけれど・・
酷い飼われ方をしていたため、なかなかリハビリがうまく進まず、また裁判も
長引いたため、ボランティアの皆さんにはその間大変なご苦労を強いることに
なった。

リハビリが終了した20羽の個体を放鳥することになるが、それでも放せない
個体がいる。さらに40羽ほどの違法飼養の摘発があり、リハビリを依頼され
たが、さすがにこれは断腸の思いで辞退させてもらうことにした。

大阪は全国メジロ鳴き合わせ会の本家本元。密猟も違法飼養も多い。
その割りには救護の体制は小さくて人材が乏しい。
1日も早く公的な救護体制の構築が望まれる。
          
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。